Menu

袴マナー

Home
京都の袴を気軽に宅配レンタル【京都のハカマ屋さん】の袴マナー

袴を着こなす

普段、着慣れない袴。
こんなときどうしたらいいの?という不安をアンジュが解決します!
これであなたも袴美人!

座る時は?

スカートの時のように押さえてしまうと、座った時引っ張られて、着崩れの元!
両サイドから手を体の後ろ側に入れ、
袴の後ろに余裕を持たせたまま座ります。

座り方は?

イスに座る時、背もたれに寄りかかりすぎや、
足を投げ出し座ると美しいシルエットに見えません。
背筋を伸ばして足をそろえましょう。

物を拾う時は?

袖があることを忘れちゃうと引きずって汚れてしまいます!
袖を片手に持ち、体を斜めに腰を落とすとぐっと品が出ますよ!

車に乗る時、降りる時は?

[1] まず、荷物を置きます
[2] 袴の裾をスカートのように持ち上げます
[3] 車のイスに90度に立って、お尻から乗ります
[4] 着物の袖を膝の上に置きます
[5] お尻をくるっとまわして足も車に乗せます ※ドアを閉める前に着物をはさんでいないか確認しましょう

階段を上る時、降りる時は?

袴で階段を上る時、降りる時

袴の両サイドに大きく開いているところがあります。
そこを持ち上げて歩くと、歩きやすいし、階段も楽チン。
当日はお姫様になった気分で!

トイレに入る時は?

両方の袖を袴に挟むと安心ですね。

階段を上る時、降りる時は?

腕を上げると袖の中が丸見え!
袖は軽く押さえて、携帯電話で話す時は頭を携帯に近づける気持ちで。
基本、何かに手を伸ばしたりする時も、反対の手で袖を押さえましょう!

巾着の正しい持ち方は?

袴スタイルに欠かせないのが可愛い巾着。
小さいのであまりたくさんは入らないけど、お化粧直しの口紅やパウダーをしのばせて。

[1] 巾着の紐の玉結びを両端に持ってくる

[1] 巾着の紐の玉結びを両端に持ってくる

[2] ちょうちょ結びをする

[2] ちょうちょ結びをする

[3] 紐の玉部分が結び目でひっかかるまで輪を広げる。

[3] 紐の玉部分が結び目でひっかかるまで輪を広げる。

[4] 両方の輪を揃えて一緒に持ちます。

[4] 両方の輪を揃えて一緒に持ちます。

草履で痛くならないようにするには?

草履で痛くならないようにするには指を入れて伸ばしておく

サイズは合っていても初めは鼻緒が足の指に当たって痛くなりがちです。
履く前に指を入れて伸ばしておくといいですよ。

※当日鼻緒が擦れて指が痛くなったときのために、絆創膏をバッグに入れておくと
安心です。